{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

甲和土丸文灰釉 大皿 【林信弘】

残り1点

44,000円

送料についてはこちら

甲和土(こうわつち)でろくろ形成し、欅灰(けやきばい)を掛け、素地の色を丸抜きで表した大皿です。 丸抜きした部分は釉薬を掛けずに焼き締めの為、甲和土本来の質感がそのまま表れています。 甲和土とは、私のオリジナルの土の名称です。 東京都江戸川区小岩の工房・自宅の敷地を掘削し、採取した粘土層を精製して、陶土にしたものです。 欅灰(けやきばい)は、以前工房に植えてあった欅の大木から落葉した葉を燃やして、自作した釉薬です。 陶芸は古来より、地面を掘り粘土を採り、山の木を伐り燃して釉薬原料となる灰を作り、薪をもして窯を焚き焼かれていました。 現代の都心部ではそのような作り方をすることは出来ませんし、私の生まれ育った東京の土は古来より焼き物には適さないものでした。 それでも、陶芸の本来の姿に近い作り方をしたい、そんな想いで制作した器です。 -------------------------------------------------------------------- 素材:陶土・釉薬 サイズ:直径360㎜ 高さ70㎜ ※陶芸のお話は、工芸者紹介ページにも記載しておりますのでご覧ください。 https://edogawa-dentoukougei.stores.jp/news/5ee8c44fd26fa50c037afdfc

セール中のアイテム